TRIPVADER

温泉、アングラスポット、グルメが中心の詰め込みすぎの旅行記。
<< 魅惑のシンガポール part8 スパイスガーデン | TOP | 魅惑のシンガポール part10 ハウパーヴィラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -


魅惑のシンガポール part9 シンガポール国立博物館
スパイスを堪能し、庭園を出るとシンガポール国立美術館があります。
予定はなかったのですが、建物が非常に綺麗で好奇心が沸いたので中へと入る。

20070904シンガポール国立博物館
とても近代的な建物で2006/12に改装したばかりとのこと。
チケットを買おうかと思ったら女性の方に「日本の方ですか?」と声をかけられる。

20070904案内人
話を聞いてみると、博物館の中で日本語のボランティアガイドを
やっている駐在員の主婦の方々のようです。

展示物には解説が全く書かれておらず、
英語による音声ガイドがあるだけですので益々有り難みが湧くものです。
もちろん快諾し、歴史博物館を回ります。

非常に長いので実際に見て勉強してほしいのですが、
私が印象に残った事象はこれです。

20070904中身
大東亜戦争の後にマレーシアに併合される形で自治州として独立、
その後マレーシアに見放されシンガポールだけで独立したときは
リー大統領は涙の会見を開いたとのことです。

現在のシンガポールの繁栄を考えると信じられないですね。
あと日本の統治期間がもっと長ければこんなにも
反日感情が強くなかったのでは、と思います。

シンガポールの歴史を勉強したい方は
10時30分に博物館に行ってみるとボランティアの方々がいるかもしれません。

Info;
HP:シンガポール国立博物館
住所:93 STAMFORD ROAD, SINGAPORE 178897
電話番号:63323659
営業時間:10:00-18:00
休業日:無
料金:10 SGD
シンガポール(アングラスポット) | 12:00 | author tripvader | comments(0) | trackbacks(0)


スポンサーサイト
- | 12:00 | author スポンサードリンク | - | -


コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://tripvader.jugem.jp/trackback/582
トラックバック