TRIPVADER

温泉、アングラスポット、グルメが中心の詰め込みすぎの旅行記。
<< 8/12 海水浴 | TOP | 北信州温泉巡り part2 馬曲温泉 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -


北信州温泉巡り part1 野沢温泉
昨日は海だったので今日は山に行こう。
小学生の頃行ったことのある野沢温泉に行こう。
確かお湯がメチャメチャ熱くて入れなかった記憶が鮮明に残ってる。
国道292号を登って一時間半ほどで目的地へ。

どうやら源泉が40以上もあり、源泉の温度も90度以上とかなり危険。
そりゃ入れないわな。
で、ここの素晴らしいところが13ある共同浴場が全てタダ!!
しかも源泉がバラバラで、いろんな湯が楽しめる。

まずはリベンジとして横落の湯へ。
あ、あ、熱い!!
あまりに熱いので水で薄めて入る。
はぁ、気持ちいぃ〜

続いて河原の湯。
おお、硫黄の香りがする!
温度は丁度よくまったりと入浴。
5分ほど浸かり次へ。

野沢温泉といえば一番有名な大湯。
もらったパンフレットでも綺麗なお姉さんが浸かってました。
ぬる湯とあつ湯に分かれているが、誰もあつ湯に入っていない。
とりあえずぬる湯に浸かる。
あ、あ、あ、熱い!!
ぬる湯でも十分に熱いんですけど・・・
地元のお爺ちゃんが関西の大学生に一言
「そっちは熱すぎて入れんよ、がっはっは。」
をいをい、地元のお爺ちゃんが入れない温泉って何だよ・・・

あまりにも広い温泉街なので道に迷う(をぃ)
なんとか共同浴場を発見して現在地を確認。
松葉の湯、十王堂の湯、麻釜の湯と次々に入り、
(中には熱すぎて足だけふれたところも)
民家の前で湧き水のように桶に水があふれてる。
きっとトマトとか冷やしておくんだろうなぁと思い
その冷たさを味わおうと手を伸ばしたら
あ、あ、熱い!!これ何に使うんだ?
温泉卵を作るにしてはぬるいし。
謎である。
長野県(温泉) | 06:59 | author tripvader | comments(0) | trackbacks(1)


スポンサーサイト
- | 06:59 | author スポンサードリンク | - | -


コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://tripvader.jugem.jp/trackback/16
トラックバック
2005/03/12 5:58 PM
一行は更に新潟側は、[http://www.vill.nozawaonsen.nagano.jp/:title=野沢温泉]へと向かう。 スキー場と一体型の温泉地で、中高生も結構いる。 考えてみると、スキー場と温泉が近い温泉街は、 蔵王、草津など、古い温泉街が多い。 共同浴場も豊富で、我々は”大湯”へ
田舎地獄の地獄日記