TRIPVADER

温泉、アングラスポット、グルメが中心の詰め込みすぎの旅行記。
<< 旅の事故は破棄捨て! 源泉掛け流しの旅 part19 鳴沢氷穴 | TOP | 旅の事故は破棄捨て! 源泉掛け流しの旅 part21 忍野郷土館 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -


旅の事故は破棄捨て! 源泉掛け流しの旅 part20 なるさわ富士山博物館
氷穴を出てそのまま国道を走っていると道の駅を発見。
ネタがないので、入ってみました。

中はJAのスーパーみたいな内装をしてました。
各自ここでお土産を買っています。
最後のお土産スポットということが何故か皆の雰囲気でわかっていました。

さてお土産を買って、防犯性のかけらもないトランクに詰め込みます。
隣になにやら怪しげな博物館を発見。

20041212 富士山博物館 外観

富士山博物館であります。
早速中へ潜入調査を行う3人。

20041212 富士山博物館 恐竜

まず入り口を入ると恐竜がお出迎え。
しかもジュラシックパークのような大層な造りをしています。
中は薄暗く蛍光の照明が怪しく光りだしています。
その螺旋階段を降りるとようやく明るいフロアに。

20041212 富士山博物館 富士山

富士山の噴火の様子と題したスケルトン富士があったので
ボタンを押して富士山の噴火の様子を観察。
マグマがたまってドカーン!
ちゃんと音が出ます。
しかしまだまだマチュの火山には遠く及びもしません。

富士山についての映像が見れるコーナーがあったので立ち寄って見ます。
タカシに至ってはこの有様。

20041212 富士山博物館 タカシ

鼻栓&張るホッカイロ on the ジーパン。
激しく他人のフリがしたいです。
まあおもしろいからいいか。
いや、他人からみたらおかしな集団ではないか!?
やはり他人のフリをするべきだろうか?
と自問自答をしているうちに富士山のビデオは終了。
これはしっかりと考えなければいけない問題でありますね。

噴火する火山の映像が見れるのも面白いですね。
ピナツボとかハワイのランカイウイなど。
やはりこういった迫力ある災害に関しては
被害そのものよりもそのスケールに圧倒されて
自然の驚異を通り越して、美しさを感じてしまいます。

Info;
なるさわ富士山博物館 
道の駅なるさわ 
張るホッカイロ 
山梨県(アングラスポット) | 11:31 | author tripvader | comments(0) | trackbacks(0)


スポンサーサイト
- | 11:31 | author スポンサードリンク | - | -


コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://tripvader.jugem.jp/trackback/111
トラックバック