1/1PAGES 

TRIPVADER

温泉、アングラスポット、グルメが中心の詰め込みすぎの旅行記。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -


ヤンキー天国茨城旅行 part12 アクアマリンふくしま
本日最大のイベントはここ。
アクアマリンふくしまです。

東北一の巨大な水族館であります。
ガラス張りで透明感のある近代的な施設ですね。
従来の水族館の「暗い」という概念を打ち消したのではないでしょうか。

20050918 アクアマリンふくしま 玄関

それにしても人が多い。
朝も早くから続々と車が入ってくる。
家族連れ、カップル、高齢の方々まで。

トドやセイウチの餌付けは圧巻。
ほんとよく食うわな。

20050918 アクアマリンふくしま セイウチ

ラッコの餌付けで初めてわかったこと。
ラッコはジャンプする。

ガラスに張り付いたゲソをとるために
ガラスの壁を登っていき餌をキャッチ。
そしてその餌を食い散らかす。
ラッコという動物が獰猛であることがわかった。

20050918 アクアマリンふくしま イネ

米あります。

20050918 アクアマリンふくしま ダイバー

ロミオ、あなたはどうしてロミオなの!?

20050918 アクアマリンふくしま 蟹

志村、後ろ後ろ〜!

Info;
HP:アクアマリンふくしま
住所:福島県いわき市小名浜字辰巳町50番地
電話番号:0246-73-2525
営業時間:
●通常期:3月21日〜11月30日…… 9:00〜17:30
●冬 期:12月1日〜 3月20日…… 9:00〜17:00
休業日:
●毎週火曜日(その日が休日の場合は、翌日)は休館日です。
 また、以下の期間につきましては、火曜日も休まず開館します。
 ・GW期間(4月20日〜5月9日)
 ・夏休み期間(7月20日〜8月31日)
 ・冬休み期間(2005年12月21日〜2006年1月9日)
 ・春休み期間(3月23日〜4月10日)
●2006年1月23〜27日は休館となります。
料金:
●一般/1,600円(20名様以上の団体は1,300円)
●小〜高校生/800円(20名様以上の団体は650円)
福島県(観光) | 10:37 | author tripvader | comments(0) | trackbacks(2)


磐梯旅行 part13 大内宿
葱を箸代わりに蕎麦を食べるところがあるらしいとの情報を
聞きつけて早速向かう我らが一行。

なんか人がいっぱいいる。
みんな葱蕎麦を食いにきたんだろうか。

茅葺の屋根の家がズラリと並んでいる。
遠い昔にタイムスリップしたみたいです。
で、葱ですよ。

大内宿 葱蕎麦1

注文してからすぐに出てきました。
確かに葱です。
しかも普通に薬味として葱も入ってます。

大内宿 葱蕎麦2

覚悟を決めて葱で食べる。
最初は葱の甘味があったのですが、
段々葱の上の方に行くにしたがって辛くなってきます。
隣を見るともうマチュは葱で食べることを放棄してました。

大内宿 葱蕎麦3

えいやっと、葱の緑の部分を残して蕎麦を完食。
蕎麦の味とかうんぬんのものですね。
これは味を楽しむものではなく、
体験することを楽しむものですね。

蕎麦だけ食べてそそくさと帰る。
さーて帰るかなぁ。

〜続く〜
福島県(観光) | 14:33 | author tripvader | comments(1) | trackbacks(0)


磐梯旅行 part11 五色沼
五色沼 毘沙門沼

五色沼が一番込むかと思ってたので、行かない計画を
立てていたのですが午前中ということもあり、
思いのほか車の流れが良かったので行ってみました。

さすが観光名所といった佇まい。
家族連れや団体客で賑わっています。
確かに透明度が高いですね〜

五色沼看板

沼の辺をテクテク歩いていると、看板を発見。
どうやらこの沼は五色沼のひとつにすぎないらしい。
8個くらいの沼を総称して五色沼と呼ぶみたいです。
でも片道4キロもある道を歩くのはさすがに無理。
毘沙門沼を見て、「五色沼に行った」ことにします。
この解決策として、2つのグループで行き、
両側から歩いてきて、途中で2つのグループが出会ったら
車の鍵を交換することでOKかなと思います。

五色沼 記念撮影

さすがにカップルやファミリーと同じくボートに乗る
勇気はなかったです。

次は猪苗代湖で泳ぎますかね。

〜続く〜
福島県(観光) | 12:37 | author tripvader | comments(0) | trackbacks(0)


磐梯旅行 part4 磐梯スカイライン
磐梯スカイライン、そこには魔物が棲むという。
何故なら去年崇がバイクで事故を起こしてバイクを駄目に
してしまった場所であるのです。

今日泊まる相模屋旅館を通り越して磐梯スカイラインへ。
どこを見ても山、山、山。
福本伸行の漫画のようなぐにゃぐにゃとヘアピンカーブが多い。
マチュが酔っている。

ドライブイン土湯

ドライブイン土湯という廃墟がありました。
廃墟は大好きなのですが、いかんせん危険です。

夏も真っ盛りだというのにここはとても涼しいです。
20度くらいではないんじゃないかなぁ。

途中で浄土平により、子富士に登る。
山頂を一周しようかと思ったが、
体力もなく30分以上かかると思ったので断念。

磐梯スカイライン

ガソリンもなくなってきたけれど、ガソリンスタンドは
こんな山の中にはあるはずもない。
結局山を降りて福島市内まで戻りガソリンスタンドに行くはめに。

山を降りる途中で崇が事故った現場を通過。
事故の詳細は後で崇がコメントしてくれるでしょう。

〜続く〜
福島県(観光) | 15:11 | author tripvader | comments(1) | trackbacks(0)