1/1PAGES 

TRIPVADER

温泉、アングラスポット、グルメが中心の詰め込みすぎの旅行記。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -


大晦日に見た夢
実家に帰省して最初の夜に見た夢は鮮烈だった。

スキーのジャンプを見に行った私と姉の二人、
ジャンプ台は2台あり、その隣に滑降のコースがある。
(実家で久しぶりに姉と会った、正月番組表にジャンプが載っていた)

テストジャンパーも終わり、いよいよジャンプ本番を迎えた。
私は本場のジャンプに見とれていた、そのときであった!!

なんと隣の滑降コースに真っ黒で巨大な熊が出現。
しかも誰も気が付いていない、そんなまさか・・・

熊が滑降コースを滑り降りて、ジャンプ台のコースに侵入した。
そして選手が飛んだ後すぐに、熊もジャンプ台から滑り降りジャンプを決めた。

何故かその熊が突然、私の目の前に現れた。
何を勘違いしたのか私の姉は熊に歩み寄るではないか。

すると、熊が姉にローキック
えぇ、熊がローキック!?
(大晦日の格闘技番組が影響か!?)

姉が反撃するもさすがに分が悪いのか私と二人で逃げ出す。
やはり熊は凶暴に追いかけてくる。


ここで私が熊に襲われたときはどうすればいいかを考え、
そしてある本で読んだことを思い出した。

立ち止まり、熊に向かって友好的に微笑みかけた。
すると熊も白い歯を見せて笑ってくれた。

このように熊は敵意を見せずに、
友好的に振る舞えば危害はないのだ!
(大嘘!!決して信じないように)


しばらくすると今度はシロクマが出てきた。
今度は前回の教訓を生かして私が熊ににっこりと微笑みかけた。

が、シロクマは一瞥して私に右フックをくらわせた。
吹っ飛ぶ俺。

そしてシロクマは姉にローキックをかまし、どこかへ消えていった・・・

なんという恐ろしい夢をみてしまったのであろうか。
はぷにんぐ | 23:44 | author tripvader | comments(0) | trackbacks(0)